不用品回収の依頼先の選び方のアドバイス!


許可有の不用品回収の事業者を選ぶ

「ボロボロのソファや古いテレビなど、重くて運ぶのも大変だな…」と、粗大ゴミや廃家電を捨てるときに困ることがありますよね。新聞広告やポストに入るチラシ、巡回している回収業者のトラックの宣伝など。不用品回収の申し込みを促す広告を目にしたり聞いたりすると、重たい物を捨てに行くのは面倒だからという理由で、すぐに依頼の問い合わせをする人もいるかも知れません。しかし、それはちょっと待った方がいいです。

近年では不用品回収業務を無許可で行う事業者による、不法投棄や不適正処理が問題になっています。粗大ゴミや廃家電を楽に処分できると申し込みをしたのに、このような不法投棄をされてしまうと、自分たちのせいにされてしまうこともあります。トラブルに合わないためにも、不用品回収の許可を得て経営している事業者を選んで利用する必要があるでしょう。

安心して依頼できる不用品回収の事業者を選ぶポイント

粗大ゴミなどを捨てる時、地域の市区町村から「一般廃棄物処理業」の受託を受けている不用品回収の事業者を選んで依頼することが大事です。時折、チラシやホームページなどで産業廃棄物処理業の許可や古物商の許可をもっている事業者が不用品回収サービスを宣伝していることがあります。産業廃棄物処理業許可は工場や企業の廃棄品を取り扱う許可ですし、古物商の許可においては不用品の売買を行うための許可になるため、家庭の廃家電や粗大ゴミは回収できないというルールがあります。

市区町村の一般廃棄物処理業許可を得て運営しているかどうかを調べるには、事業者の公式ページで確認できます。そして、住んでいる地域の市区町村に問い合わせをして、許可証を取得している事業者を紹介してもらうという方法もあります。

普段関わりのない人に家に入ってもらうのはちょっと心配という方でも、宅配利用の不用品回収なら自分で出せるので他人が家に入り込む事はありません。