知らなかった!心療内科の特徴と選び方のコツ


心療内科の特徴とかかったほうがいい人

「なんとなく調子が悪いのが続いている」「具合が悪くていろいろな病院に行ったけど、問題ないと診断される」という人は、心療内科を受診したほうが良いかもしれません。心療内科とは、心身症、つまり心の不調が原因で身体的な症状が出ている状態で、心と体の両方のケアが必要な人が受診する診療科です。心の状態が原因で身体的な症状が現れることは比較的よくあることです。例えば、ストレスを感じるとおなかが痛くなったり、円形脱毛症が発生することがあります。このように、悩みや不安が身体的な不具合として出る状態が続く場合は、原因となる心にフォーカスして治療を受けることが回復への早道となります。

なお、同じような診療科として精神科がありますが、こちらは心の病気のみを発症していて、特に身体的な症状が現れていない人のための診療科です。

心療内科はどのように選ぶと失敗しない?

今では心療内科を標榜している医療機関が増え、通院する人の心理的なハードルも下がっているようですが、逆にどのクリニックを選べばよいか迷う場合も少なくありません。心療内科は自分の心情を吐露する場所でもあるので、担当する医師との相性は大切です。話しやすいと感じたり、タイミングよく相槌を打ったり質問してくれると、自分の状況をもっと話してみようと思え、そのことが原因の解明や適切な治療に結びつきます。さらに、その医療機関への通院のしやすさも大切にしたい要素です。普段だったら簡単に移動できる距離でも、心の不調を感じるときは異常に遠く感じたり、電車やバスに乗って通院すること自体、つらいと感じる場合が多くあるからです。

あなたは悩んだり恨んだりしたことはありませんか?こうしたことが長く続くと鬱だと判断されるそうです。品川の心療内科では、鬱になった人の心の悩みや痛みを解決してくれるところです。