コロナ禍の今、安心できる心療内科の選び方


心療内科に行くべきか

現在、心と体に不調を感じる人が増えています。心療内科とは、心理的要因から身体症状があらわれる「心身症」の治療を主な対象とするものと定義されています。日常生活に支障を来すような、睡眠障害、食欲不振、うつ状態が2週間以上続く、思考力低下・集中力の低下など、「つらい」「苦しい」「おかしいな」と感じる場合、体になんらかの症状があるのに、内科などで検査しても異常が見つからない場合は、心療内科の受診を考えてみて下さい。早い段階で適切な治療をうけることにより、短期間で症状が改善したり、重症化の防止になります。では、どの心療内科を選べばいいのでしょうか。

通いやすい場所にあるか?

クリニックに行くことが負担になってしまっては、本末転倒です。自分の通える曜日や時間帯に診療しているかどうかも重要です。病院のウェブサイトを調たり、電話で問い合わせたりし、「駅から近い」「仕事の帰りに寄れるか」なども考慮しましょう。

安心、信頼できる、話しやすい先生か?

先生と相性が良いかも重要です。話しにくい場合はメモを取っていくと良いでしょう。いざ、先生を前にすると、頭がいっぱいになったり、感情がまとまりにくくなったりすることもあります。今何がつらいか、どんなことがきっかけでつらくなったか、前もって整理していくと、話しやすくなります。

治療内容、方針を聞こう

治療にはお薬を出されることもあるでしょう。「なるべく飲まないでやっていきたい」「とにかく早く治したいので、必要な薬なら飲む」「漢方薬が良い」など、希望を伝えましょう。

初診の治療料金はいくら?

自己負担額が3割の場合、初診の費用は約2,500円~3,000円程度になるでしょう。薬の処方があった場合は、別途薬代が5,000円前後かかると考えられます。保険証、あればお薬手帳を持参しましょう。

心療内科を梅田で探す場合、ネットなどの口コミ情報が参考になります。実際に受診した患者さんの素直な感想なので、自分に合うクリニックなのか判断出来ます。